プロフィール

sho(♀猫:3歳)

Author:sho(♀猫:3歳)
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


おはようございます・・・

いや、こんにちはですね。

すっかり夕方の今、8月とは思えない涼しさの雨模様です。

おかげで夜は冷房いらずでぐっすり眠れることがなによりです☆


こんな涼しさでも活動時期が夏である生き物たちは一生懸命元気にその存在を示しています。

例えば、セミとか、セミとかセミとか・・・(笑)

そして今朝はにゃんこの目の前に瀕死状態のゴッキ―がいた!と母親が報告してきて

「やっぱり出るんかぁ~・・・」と改めて思うのでした。


ついでにさかのぼること3~4日前のこと。

お店でカラーのお客様に入っているとき、

カラー剤がお店の中のみで履いている紺色の靴の上に少し落ちてしまい

後で拭こうと思いながらも 忘れてそのまま次の日になってしまいました。

それで朝お店に来て 靴を履き替え少し経ってから

「そういえば靴!」と思い出して 

靴を見ながら一瞬 目立たないから今更拭かなくてもなぁ・・・と思ったけれど

まぁいちお軽くでもやっておくか!!という感じで

靴を脱ぎ 手で持ちあげて湿らせたペーパーで拭き始めたんです。

そしたらその瞬間!

靴の中からなんと!!


ゴッキ―がぁ―――!!!  コロンと出てきてー!!!!!!!!(すでに死んでいた)


心臓が止まりかけました・・・


こんなことってあります!?

なんでこんなところにヤツがいるのか!?!?

考えても考えても私には理解不能です!!

しかも発見する前、1度履いていて そのとき全く違和感なかった・・・

普通、大人のゴッキ―が靴の中にいたらわかるでしょう履いた時(気悪 そして怖!!)


その後かなりの動揺と共にゴッキ―を振り払って靴がとりあえずそれしかなかったので

ファブリーズを10回ぐらい吹きかけました。


ただふと思ったんです。

気持ちも落ち着いてきたときに いったいヤツはいつからあそこにいたんだろう・・・って。

何故なら 驚きながらも見たヤツの姿は乾燥していた気がしていて

もしもあの靴の中に入り込んだのが1日前とか数時間前のまだ“フレッシュな”ゴッキ―だったら(笑)

もっと生々しい感じでもおかしくないはずだし、靴の中も何のシミもなかったし・・・と。

頭の中は次から次へと?マークが浮かんできます。が

それと同時にいろいろ考えれば考えるほど、怖さも一緒になって膨らんでいくので

即、考えるのはやめにしました・・・。


予想外のところから予想外のものが出てくるほどびっくりするものはありません。


お目にかかりたいモノや人にはなかなかタイミングは合わないのに

お目にかかりたくないモノにはばっちりタイミングがあってしまうというこの遺憾千万さ。


とにかく、夏場その辺を時々歩いてたりするのを見るのは致し方ないにしても

靴の中にいるのだけは本当に本当に今後一切なしにしてほしいと

心から願うばかりです

本当に勘弁してほしいわ・・・


ではまた。

スポンサーサイト

こんにちは。

8月です。

今夏は梅雨が明けたと思ったら、その途端逆戻りしたような天気。

このところ、昼間は蒸し暑くても夜は涼しい日が多いような感じがしています。

私的には太陽がカンカン照りな1日よりも

1日の基本は曇り空でそのうちの3~4時間程度時々日が射すくらいが良いかも・・・と

思っているのでこの陽気なかなか快適です。

でも、夏を満喫したい人はちょっと、いやだいぶものたりないかなぁ~。

今日なんかは風があるけれどひんやりしていて秋口のよう。

暦の上ではもうじき立秋ですが気分的には夏はまだまだですもんね。


さて。

先日ニュースで兵庫県で男の子がヘビに噛まれて一時重体になったというのをやっていましたね、

というのを今日お客様と話していたら、

「自分はこの間道にいたヘビを車でひいちゃったよ~」とおっしゃって

「うそぉ―!!」と大声を出してしまいました  

「だって避けようがないしさ・・・」ってそれはそうですけども ちょっと衝撃的でした。


その男の子がかまれたヘビは“ヤマカガシ”。

毒があってコブラだかマムシの4倍の毒があるそうですが。

いやぁ~なんとか無事で済んだから良かったものの・・・

最悪の事態にならなくて本当に良かったですよね。


ただ、やっぱり私が驚いたのは、この男の子と一緒にいたお友達1人と

1つは自らヘビを捕まえに山へ行ったということ。

今時にめずらしい元気な男の子なのは良いとして、ヘビ捕まえに行くって凄くないですか?(笑)

捕まえてどうするんだ!?って話ですよね。

好奇心旺盛なのは素晴らしいことだと思うけれど、ヘビ、ヘビですよー 


そしてまた運よく(?)ヘビも現れたりして、よく捕まえてリュックにいれたわ!


で、2つめはそれを家に連れてきたってこと!!


いやぁ―――――――――――!!!!!!


ど、どうして家にもってくるの!!!


もし私がその現場に居合わせていたら間違いなく 大大大発狂していたと思います

そして我をも忘れてリュックごとどこかへ投げ捨てていたと思います

もうなんていうか、こうして もしも も感じを想像しながら書いているだけでも

かなりのぐったり感がきますから

これが、私の目の前で起こったら、多分3~4日はおきあがれないかもしれないですね・・・(笑)


しかしながら、日本においてはだいたいの生き物の大きさが

まだ海外程大きくないことが救いでしょうか・・・

ヘビとかもどんなに大きくても日本ではアオダイショウぐらいで

なんかTVでみるような巨大なアナコンダみたいなのがいないのは本当によかった・・・


いなくて良かったといえば、ちょと話がずれますが

コウモリもそうです! 巨大コウモリ!!!

何なんですか!? 何がどうしたらいったいあんなに成長するのか!

画像を見たときに一瞬現実の世界でのことなのか疑いました、私。

あんなのがその辺の木やおうちの屋根のところとかからぶら下がっていた日にゃぁ

泡吹いてひっくり返ると思います・・・

最悪ショックで“チ~ン”かもしれません(笑)


とそんなわけで、今の私のいる環境というか生活パターンでは

そうそうにヘビさんとお会いする機会はないと

おもいますし、この先も・・・ないのかなぁと予想します。

が何かの機会にばったり出会ってしまったら

その時はお互いびっくりさせあう事だけはやめようね、と言いたいというか願いたいですね。


穏やかに共存したいです・・・。


ではまた。

 | BLOG TOP |