プロフィール

sho(♀猫:3歳)

Author:sho(♀猫:3歳)
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは。

今日の関東地方は日差しが出ていて外は少し暑そうです。

中は涼しくて、じっとしていると何か手先・足先が冷たくなります・・・私は

昨日、スマホのスクリーンショットという機能を知り実際にやってみてえらく感動!したものの

「今頃知るってなんなんだ!?」と言われかねないので

普通の感じを装っていました。

しかしながら昨日も今日もウキウキです~


良いのです☆


ウキウキできないときもあるわけだから

楽しい時はその時を大いに楽しんで大正解なのです☆


さてそんな中、昨日のTVで 男子卓球の水谷さんに密着したものの放送をみていました。

去年のオリンピックのあのメダルをもぎ取るまで

なかなか日の目を見ることが出来なかった日本男子卓球。

何かと女子の方が注目度も高かった現実もありましたしね。


やっぱり、人知れずなところでたくさんの苦労を、みんなしているんだなぁ・・・

つくづく思いましたね。


5歳の時にラケット握ってからその才能を発揮していきます。

そして14歳のときに単身ドイツへ卓球留学(とでもいいましょうか)に行きます。

ドイツって・・・。

「卓球も強いのかい!?」

無知な私にはびっくりだったし、意外でした。

そこで、卓球修行に励むんですね。

そして平行しながら大会に出場するのですが・・・

水谷さんの前にど―――――――ん!と

そしてそれは毎回いつも必ずと言って良いほど 目の前にど―――――――ん!!と立ちはだかる

王者中国がいたんですねぇ。

でもその存在が水谷さんを動かすんですね、「中国を倒したい・・・」と。

そして、とうとう中国に武者修行に行きます!

言葉はわからない!!

でも通訳なし!!!


かなり無茶な人!!!!!!!!!(笑)


密着しているカメラに収まっている言葉は「帰りたい・・・」とかが多くて

部屋でもPC見たり日本のお菓子がテーブルの上に広げてあったり

そうとう精神が苦痛だったことを表している感じでした。

でも。

途中で引き上げることはしなかった。

本当に帰りたいと思いながら、それでもまだ「中国をやっつけたい!」

そっちの気持ちが上回っていたんですね。

しかし、まだまだ谷底に落ちていきます。

その後日本での大会 2度のオリンピック 思うような結果が残せず

しばらくラケットを置くことになります。

でもある日家族の存在が水谷さんを復活へと導かせるのです

自分が頑張らなくては!

奥さん・娘もいて自分が頑張らなくちゃ「オレんちどうなっちゃうんだよ!!」というふうに。

そしてしばらくひっくり返っていた谷底からムクッと起き上がる

そして昨年の個人と団体のメダルへと繋がったんですね。

まさに苦労が報われた瞬間だったんですね。

苦労っていうものは本当はしたくないし、例えばそのありがたみがわかるとしたって先の話であって

その最中なんて苦しみしかない、心が折れ放題の日々ですよ。

でも、骨折した骨が再びくっついて以前よりその部分が強くなるように

苦しい中で折れた心が再びくっつきだしたとき、そこには予想外なほど強靭なハートがつくられる。

それはそれは 凄い!!の一言です☆


そんなことがあり、多くを越えてきての2020年の東京オリンピック☆

「どうしても倒したい中国」を日本が倒し

今度は前回よりも上のさらに輝きの眩しい色のメダルを手にできていたら最高だし

その瞬間を見せてほしいなぁと思いました。


では、また。

スポンサーサイト

こんにちは。

私の意識が正しければ、まだ5月のはずなのですが・・・

ちなみに今日の福島の最高気温の予想が“35℃”と出ていて

目を疑いました

今からこの暑さ今年の夏、どうなってしまう??

ただ今は、家の中や日陰にいれば若干涼しいのでその辺は真夏よりマシなんですけれどね。


さてさて。

一昨日から 急に「たこ焼き」が食べたくてそれは今日もまだ続いています☆

レイクタウンに銀だこが入っているので帰りにテイクアウトでもしようかな♪

最近はやりの1~2分程度に作り方の全工程をまとめた料理レシピサイトを見ていて

フライパンで作るたこ焼きをみながら

「あぁ~そっかー。丸くなくても生地流してタコ入れればたこ焼きになるのか!」と

なるほどね~なんて思いながら

でもでも、今の気分は丸くて口に1個づつほおばれるあのたこ焼きが食べたいんですね。


そういえば、遠い昔に

お友達が どうゆうわけか「たこ焼き焼くやつ買ったから作ってみよう!」といわれ

経験ナシのままいきなり作り出したことがありました(笑)

結果はもちろん散々ですよね

当然なんですが

いちお、銀だこのスタッフさんの感じを一生懸命頭に思い浮かべながら

いちお それをイメージしてイメトレをしながら

生地投入!!

あれ、なんか固まらないねぇ~

温度ひくいのかねぇ、もうちょっと上げてみる??

すると

みるみるうちに生地が固まり出して 

そうしたとたん 早くたこさん入れて!だ ほら早くひっくり返して!!だ

急にやってくるこの緊急事態  (笑)

おまけに これまた当然ながらあのピックみたいなものもないわけで

短いつまようじでやるものだから あっちこっちの指が熱くてダメージもかなり大で。

今思えば 割りばしとかのさきを削ってやればよかったじゃ――――んって思いました。

あの時はそんなことこれっぽっちも浮かばなかったけれど。

そうすれば熱いのは回避できたのにな

ただ、あのたこ焼きをきれいに“ターン”させるのはやっぱり練習が必要でしょうね

あれは思いのほか結構難しいと思います

きれいにいい焼き加減で クルッ!! といくのはね コツがいりそうです☆


まぁ そのときのたこ焼きはもはや丸い形とはほど遠い「何だっけこれ?」な感じでしたが

味はもちろん問題なくおいしいかったので全てただきました。



今日ももうすぐ終了なんで

素早くレイクに直行します


ではまた。

こんにちは。

GWも最終日ととなりましたね。

今回もかなりの大型連休となって長く旅行に行かれた方も多かったかと思います。

お天気も良かったですし、リフレッシュするには最高だったと思います☆

天候は人の力でどうこうすることは出来ないけれど

何か目的のためにの環境を選んだり整えたり準備したりすることはとても大事ですね。

多少、それでマイナス要因を受け入れなくちゃいけない事も承知でありながら

それでもその中で楽しみに行くんですもんね。

その時の自分に最適な環境を選ぶのが1番です!

せっかくなんですからね  



さてさて。

今更いいますか、なぜこの今に??といいますか。

この間の月曜日に急に風邪を発病し、今やっと病み上がりといったところ。

まぁもっと言えば、月曜の1~2日まえぐらいから何となく肩甲骨のあたりや

首のまわりとか軽く痛くて でも呑気に寝違えたかと思っていて(笑)

そのうち治るや~なんてほったらかしにしていたのですが

治るどころか実は風邪の前触れサインでした・・・


風邪をひくとき だいたい2パターン

市販の薬を飲めばすぐ治まる、通常よくひく風邪と

今回のように体のどこかしらが痛くなって結構長引くインフルちっくなちょっと重たい風邪と。

その表れ方でどっちなのかおおよそ見当がつきます!


※今回みたく時期がずれて、寝違えた と予測を外す場合もあり 


このちょっと重い風邪というのはそんなに毎回毎回かかることはないのですが

その数少ない中のさらに何回かに1回くらい

本当にどうしようもないくらい酷くなることがあって 

その時は家の近くにある病院に行って注射をしてもらいに行きます。


大人になっても病院って苦手ですよね~

自分じゃない誰かや飼っているにゃんこには何かあれば「病院行った方がよくない??」って

すぐ言えますけれど

こと自分にはちょっと迷いますもんね(笑)

注射もちびっ子ならば「痛ーい!!」とか言っても許されるけれど

大人はなかなか許されませんからね

あのチクッとする一瞬の痛みですら 本当は私は言いたいです。

痛いの我慢するのはとてもストレスがたまります 


そうそう今、歯科医院にも通っていて。(検診にいって虫歯が見つかった・・・)

歯もねぇ~  

本当に本当に嫌ですよね~

私の歯は、歯質が弱いらしく歯茎との境目の歯が少し欠けたりしている歯と

あとは単純に知覚過敏になっている歯とあって

検診の時にやってもらう歯石などのお掃除もしみるのでお水など使わないで欲しいと

言っていてこの間は。

しかしながら、やってくれたお姉さんの後に

チェックのために代わった歯科衛生士の人が

見事にしみる歯に風を勢いよくあてて、あまりの痛みに飛び起き帰りかけましたよ!!


「しみますねー??」って


だから!!


コントじゃないんだから!!!(笑)


代わる時お姉さんから事情聞いてたでしょ?? って。

なんでもうちょっと慎重にやりませんかね   って話です。


本当に歯医者さん行きたくない・・・

でも歯周病とか今後の事も心配・・・


結果、やっぱり定期検診は行かなくては、と思っている・・・現状。


痛いという感覚も必要があって備わっているんでしょうけれども

この感覚にはどうも・・・   

私にはうまく付き合うのは難しすぎる気がしてならん!! と

改めて痛感した瞬間でした・・・。



ではまた。

 | BLOG TOP |